アコム

MENU

消費者金融の歴史について

消費者金融についての歴史は1929年、日本昼夜銀行などによる個人に大しての融資が発端とされていますが、太平洋戦争への流れにより一旦その動きは止まりを見せます。太平洋戦争後も約10年以上は個人に対する小口融資は行われませんでした。

 

動きを見せ始めたのは1950年代半ばあたりからになりますが、信用金庫などの中小企業が消費者個人に大しての小口融資を始めます。このときまだ大企業と言われる大手の金融機関は動きを見せておりませんでしたが、1960年を過ぎると、消費者金融へ都市銀行も参入を始め流れが大きくなってきました。

 

現状の消費者金融と違うところは、まだこの時代は個人に大しての信用調査体制が整っていなかったため、担保や保証等が必要で、目的ローンと言われる融資の使途が明確でなければならない貸金業者が大半でした。

 

そのような中で、日本信販がチェーンクレジット、三洋商事がサラ金と言われるサラリーマンへの小口融資を開始しました。1967年には日本ダイナースクラブがキャッシングサービスを開始したりするなど、消費者金融が目まぐるしく成長していくことになります。

 

現在では、信用調査体制も整えられ、インターネットの普及によりに即日融資なども可能となっている時代となったのです。

 

ネットでの申し込み後に近くに設置がされている契約機で最短即日のカード受け取りも可能としているプロミス茨木市のキャッシングも、早くに現金を用立てたい方からの人気が非常に高くなっていることで有名です。